沖縄は雨の日が多い!?

沖縄は雨の日が多い!?

…なんて、聞いたことのある人も、
いらっしゃるかもしれません。

特に、これから観光をなさろうとしている方には、
沖縄の天気が、気になってしょうがないでしょう。

…ここで、残念なお知らせがあります。

実は、沖縄は、全国的に見ても、
快晴日が少ない地域なんですよ!

統計でみる都道府県のすがた 2012 (総務省)
年間の快晴日数‥15日 / 47都道府県中37位
降水日数   ‥118日 / 47都道府県中13位

 
さらに、2010年の統計では、
全国一快晴日が少なく、

1年のうちの、たった8.9日しか、
快晴日がなかったんです!!

沖縄と言ったら、青い空!青い海!
ってイメージなんですけどね…

aoisora

 
…などと、沖縄が実は、
”晴れの日”が少ない地域であると、
結論づけている意見を、よく見かけるのですが…

私は、この統計で、沖縄が、
”晴れの日”が少ないと言えるのかというと、
必ずしも、そうではないと思います。


スポンサードリンク
[ad#co-1]


快晴」とは、
空に雲がほとんどない状態のことをいいます。

快晴の条件
快晴=雲量が程度まで
(1=空全体に占める雲量、およそ1割)

 
沖縄は、周りを温かい海に囲まれているため、
雲、特に積乱雲が発生しやすい地域です。

例えば、上の写真のような、
空と雲の状態の日が、多いです。

image120だから、実際には雨が降っていなくとも、
1以上の雲があれば、
「快晴」とは、もちろんカウントされません。

これは、当然のことながら、
観光に影響を与えないですよね?

だって、晴れているんですから!

そして、「降水日数」とは、
1日で、1㎜以上の、
雨が降った日の数のことをいいます。

沖縄は、南国特有の、
スコールのような、雨の降り方も多いんですね。

つまり、さっと降って、
すぐに晴れ渡ることも多いんです。

しかし、そのような雨であっても、
降水日数に含まれるわけなんですね。

当然、このような雨の降り方も、
それほど、観光に影響するとは思えません。

実際に、晴天の日を加えた統計では、
快晴日が全国最下位だった2010年でも、
1年のうちの211日が、晴天だったとされています。

晴天の条件
晴天=雲量が2以上8以下の状態
(2~8=空全体に占める雲量が、およそ2~8割)

 
ですから、沖縄の、イメージとして正しいのは…
”青い空!青い海!”ではなく、
青い空!青い海!白い雲!”なのかもしれませんね!

気象台の発表によると、沖縄への、
月別の平均の台風接近数は、次のようになります。

月別の平均の台風接近数 那覇 沖縄全体
7月 0.6個 3.6個
8月 0.9個 5.9個
9月 1.0個 4.8個
10月 0.5個 3.6個

こうやって見ると、那覇に来る台風って、
意外と少ないと思いませんか?…

少し、安心しましたでしょうか?

あなたの観光が、晴天でありますようように!!


スポンサードリンク
[ad#co-1]

投稿者:

やま

沖縄在住40代うちなーんちゅです。沖縄や食べ物に関する話題が多くなると思います。不定期更新ですが、ゆたしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください