閉じる
  1. 沖縄方言講座|じゅん選手「沖縄のアンパンマン」で学ぶ沖縄の方言
  2. コーレーグースの使い方!沖縄そばだけじゃーもったいない!
  3. 沖縄の青い魚!イラブチャーを食べる!おすすめの食べ方は!?
  4. 山羊と羊の違いは?鳴き声でヤギかヒツジか見分けられる?
  5. 沖縄苗字読めるかなテスト|沖縄に多い苗字と難読苗字
  6. 沖縄そばの麺の違いは?独特の食感の驚きの理由
  7. 是非食べてほしい沖縄の家庭料理おすすめ選
  8. 沖縄では田芋をどう食べるのか?え?泥で作った料理があるの?
  9. 沖縄で運転する際の注意点!知っておきたい沖縄ドライブの常識!!
  10. チャンプルーとイリチーとンブシーの違いは!?ちゃんとわかってる?
閉じる

ひーじゃー通信

糞や死骸の上ではしゃぎまわる沖縄の白い砂浜|誰にも言ってはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは知っているだろうか?

死骸や糞の上ではしゃぎまわるという、にわかには信じ難い光景が沖縄ではごく普通に見ることができることを。

しかもその現場は、観光客の多い場所。沖縄の象徴とも言える「海」の「砂浜」なのである。

さて、ここから先は楽観的な人だけ読み進めていただきたい。(笑)

沖縄の白い砂浜!

あなたには想像できるだろうか?

この美しい沖縄の砂浜での出来事を…

死骸で山を作って遊び、糞の上でバレーをし、BBQをし、挙げ句の果てには糞に埋められて笑っているのである…狂気の沙汰である。それもなんと、その行為はうちなーんちゅだけに限らず、観光客さえ行っているのだ。その自覚もなく。

沖縄の砂浜の砂は、そのほとんどが生物の「死骸」や「糞」からできているのだっ!

 

…さて、どういうことなのか。先に答えを書いておこう。

「砂」だ。死骸や糞とは「砂」のことなのである。

 

沖縄の砂浜は何故白いのか?それは死骸だからである

…ところで、沖縄の砂浜は白い(あるいはクリーム色。場所によって砂の色も違う)。東京に行って、はじめて黒い砂浜を見たときには衝撃を受けた。

何故、沖縄の砂と本土の砂(白い地域もあるが)はこうも色が違うのか?
それは砂になるもともとのものが違うからなのである。

簡単に言うと、
沖縄の砂は生き物から、本土の砂は鉱物からできている

あるいは、こうも言えるだろう。
沖縄の砂は海由来、本土の砂は山由来である…と。

 

山を作っている岩石を見れば分かるとおり、暗い色調のものが多い。それが砕けて砂となるわけだから、必然的に黒い砂浜となるのだ。もちろん、岩石には白っぽいものもある。花こう岩などがそうで、例えば瀬戸内海沿岸の砂浜などはそのために白っぽい。

沖縄のように、珊瑚礁からできた島というのは、死んだサンゴが積み重なってできる石灰岩という白っぽい岩石でできている。なので、そこからできる砂も白いのだけれど、沖縄の砂に占める鉱物の割合は少ない。

沖縄の砂は、ほとんど死んだ生物(サンゴや貝殻、ウニの殻、石灰を分泌するサボテングサなどの藻類、有孔虫などである)からできているのである。

砂に含まれる生物の割合も、場所によって変わる。珊瑚や貝殻が多い場所もあれば、星砂だらけのところもある。どちらにしても、生物由来なのである。

星砂|沖縄の砂は生物の死骸や糞からできている!

↑これは「おっとっと」ではない。「星砂」だ。「星砂」は原生生物である有孔虫が死んで、殻だけが残ったものなのだ。これらの色を見てもらうと分かるとおり、白っぽい色をしている。なので、必然的に沖縄の砂は白くなるのだ。

ここで、ちょっと星砂の生きている様子を動画で見てみよう。糸のようなものを出して、移動している様子がわかる。

 

このような有孔虫や珊瑚や貝殻などの「死骸」から、沖縄の砂はできているのである。

沖縄の砂は糞からできている?

沖縄の代表的な魚の一つに、「イラブチャー」がいる。「イラブチャー」とは沖縄の呼び名で、和名で言うと「ブダイ」の仲間である。

イラブチャーのごっつい歯!

このイラブチャーは、ものすごい歯をしている。この強く硬い歯で珊瑚を砕き、(死んだ)珊瑚のポリプに共生する褐虫藻を食べるのである。その際、消化できない砕けた珊瑚、石灰質を排泄する。その排泄物こそが細かい白い砂となるのである。沖縄の海に潜ると、イラブチャーが珊瑚をガリガリとかじり、白砂を勢いよく排泄する姿を見ることができる。

大きなイラブチャーだと、年に1トンもの砂を作るという話もあるし、1生の間に1トンという人もいて、どちらが正しいのかは私には分からない。…が、イラブチャーの生息地付近の砂のほとんどは、ブダイが排出した「糞」によって出来ているのだという人もいるのだ。

さらには、同じように珊瑚を食べる魚はイラブチャー以外にもいる。

…つまり、沖縄の砂の多くは魚の「糞」から出来ているのである…とも言えるのである。

誰にも言ってはいけない

私たちの現在の生活も、ある意味、先人たちの屍や糞を超えて成り立っているわけである。それをいちいち意識していては、成り立たないし、楽しめない。

そこに人間のたくましさを感じる人もいるだろうし、もの悲しさを感じる人もいるだろう。

…もしかすると、今回の私の記事を読んで沖縄の砂浜で楽しめなくなったという人もいるかもしれない(笑)だとしたら、なおさらこの話は「誰にも言ってはいけない」のである。

 

 

 

でも、秘密にできるかな?


スポンサードリンク
[ad#co-3]

コメント

    • Kaz
    • 2016年 3月 29日

    とても勉強になります。

      • やま
      • 2016年 3月 29日

      Kazさんいつもご訪問&コメントありがとうございます!(*^ー゜)

    • ウメダミサエ
    • 2019年 3月 26日

    それを突き詰めて考えていくと、地表全体がだいたい何らかの生き物の死骸街からで来たものであったりします。
    そもそも人間自体が、どんなきれいな女の子でも恐ろしいほどの雑菌の集合体でありますから
    まぁ、気にせず楽しく生きていく方が得です。
    自分の健康に悪影響の無い状態であれば、それはきれいとしておきましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 島唐辛子を、泡盛につけた「コーレーグース」。名前の由来が、色々ある。高麗の草⇒コ…
  2. 沖縄には田芋を使った郷土料理がいくつかある。田芋のことを沖縄では「ターンム」または「ターム」と呼…
  3. 観光で沖縄を訪れる場合、レンタカーを利用する人が多いと思います。公共交通機関が、モノレールとバスだけ…
  4. 首里にある、「首里そば」は、沖縄そばの名店との評判も高い。1993年に閉店した、…
  5. 沖縄には、恐ろしい毒蛇「ハブ」が棲んでいます。しかし、私は那覇で生活していますが、とりあえず…
ページ上部へ戻る