沖縄の人は蝉を食べるんですよ!?どうやって!?

「沖縄の人はセミを食べるんですよ!」

…と、以前あるテレビ番組で、
衝撃の発言をしたタレントがいた。

彼女の名前は、早坂好恵

若い人は、
早坂好恵を、知らないかもしれない。

安室奈美恵など、沖縄からアイドルが、
次々とデビューすることになる少し前、

同じアクターズスクールから、
先にデビューしていた、女性アイドルだ。


スポンサードリンク
[ad#co-1]


彼女の発言は、沖縄の人間のひとりとして、
全力で否定したい。

たしかに、昔セミを食べたことがあるという人は、いる。
しかし、それは決して一般的ではないのだ。

セミをどうやって食べるのか?

 
まあ、日本にも、
昆虫食の文化のある地域もあるわけだから、
蝉を食べようが、全く問題ないとは思うのだが、

沖縄の人が、皆普通にセミを食べていると、
思われるのも、なんか嫌なのだ。

しかし、そういう私も、
セミはどんな味なのか、気になったので、
職場の年配の方に、聞いて回った。

すると、50代後半のおばさんから(失礼!)、
セミは、焦げるくらいに焼いて、
お腹の中を食べたと、聞くことができた。

オオシマゼミ画像
オオシマゼミ

しかし、ネットで調べてみると、
オスのセミのお腹の中は、ほとんど、空なんだそうだ。

鳴き声を響かせるために。

逆に、メスのお腹の中は、
産卵のための器官で、いっぱいだそう。

…ん?ということは、
メスの蝉を食べていたのだろうか?

 
…なんてことを、夜中に考えてたら、
気になってしょうがなくなってしまい、
先輩(と、いっても20近くも年上だけど…)に電話して聞いてみた。

夜中に何事かと、先輩は思ったはずだけど、
私の疑問に、怒らずに答えてくれた…

(なんて、いい人なんだ…)

すると、食べたのは「腹」というか、
羽の付け根部分の筋肉のようなものを、
取り出して食べていたんだとか。

ただ、セミ一匹で食べられる量は少ししかないので、
大量に取らないと、いけなかったんだってさ。

で、獲ったセミを集めて、
空き缶の中に、新聞紙なんかと一緒に入れて、
火をつけて、焦げ焦げになるくらいに焼いたらしい。

(というか、火力の調整ができないから、
自然と真っ黒こげになったんだろうな。)

味は、シーチキンみたいで、
全然普通に、食べられるとも話していた。

 

どこだったかな。

バッタソフト」とかいって、ソフトクリームに、
バッタの佃煮をつき刺したものが販売されていた。

見た目はグロイ。

あ、あった。長野県だ。

バッタソフト
画像:http://news.mynavi.jp/articles/2013/10/11/suwako/

 
グロイけど、昆虫食文化のある地域では、
笑いのネタになる程度で、
試しに食べてみる人も、多いのかもしれない。
 

セミも佃煮や、から揚げにすれば、
羽の付け根の筋肉だけではなく、
全部食べられそうなんだけどな…

…と思っていたら、やっぱり
セミをから揚げにして食べる
人たちがいた!!

その名も「セミ会」!

セミのから揚げは川海老のから揚げ、
幼虫は、ピーナッツのようだと

とくに幼虫の燻製は、
最高にうまいんだとか。

おぉ。参加してみたくなったぞ。

 

早坂好恵プロデュース「セミソフト」!?

早坂好恵は、現在、
プロレスラーの スペル・デルフィンと結婚して、
一人娘と暮らしているらしい。

彼女は確か、料理が上手だったような記憶があるが、
旦那さんに、セミを使った手料理でも出したりしているんだろうかw

 

セミは、シーチキンの味がするって言うから、例えば…
蝉のソーメンチャンプルーとかさ。

昔料理番組で、早坂好恵がソーメンチャンプルーをつくって、
料理人に褒められていたから、ぜひ、
蝉のソーメンチャンプルーを、作って食べてもらいたいね。

 

また、彼女は現在、
関西国際 空港のアイスクリーム店で、
働いているらしいが、

まさか、バッタソフトに対抗して、
セミソフト」なんて作んないよな…
なんて心配したり、期待したりする。

蝉の幼虫の燻製を使った
セミソフトなセミソフト。

ぷっ。

 

まあいいんだけど、作っても
「沖縄の人は、蝉を食べるんですよ!」
なんて売り言葉は止めてよね。


スポンサードリンク
[ad#co-1]

投稿者:

やま

沖縄在住40代うちなーんちゅです。沖縄や食べ物に関する話題が多くなると思います。不定期更新ですが、ゆたしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください