閉じる
  1. 島豆腐と豆腐の違いは?木綿豆腐みたいなものでしょ?
  2. 沖縄方言講座|じゅん選手「沖縄のアンパンマン」で学ぶ沖縄の方言
  3. どうやったらゴーヤーの苦味をやわらげることができるんですか!?
  4. 沖縄の危険なハブや毒蛇が見分けられるかな?実力判定テスト!
  5. チャンプルーとイリチーとンブシーの違いは!?ちゃんとわかってる?
  6. スク水揚げに群がる男たち!スクガラスとは?
  7. 是非食べてほしい沖縄の家庭料理おすすめ選
  8. 「首里そば」こだわりの手打ち麺!沖縄そばおすすめの名店
  9. 沖縄苗字読めるかなテスト|沖縄に多い苗字と難読苗字
  10. 沖縄絶景ドライブスポット5選!海の見える景色・本島編
閉じる

ひーじゃー通信

沖縄の代表的な汁物「いなむどぅち」|旨味好きなうちなんちゅ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いなむどぅちは、甘めの白みそを使った具だくさんの汁で、
沖縄では、祝いの席に出される代表的な料理のひとつ。
「いなむるち」とも表記されます。

「いなむどぅち」とは、「いな(イノシシ)むどぅち(もどき)」という意味。
ようするに、昔はイノシシを使っていたんだけど、イノシシの代わりに、
豚肉を使って作られるようになったから、こういう名前になったのだ。

しかし、イノシシ汁も確かにうまいんだけど、
この「いなむどぅち」は、名前を変えてあげてもいいんじゃない?
なんて思うほどに完成された、豚肉を使った逸品だといえる。

そもそも「イノシシもどき」とは、この汁料理に対しても、
豚に対しても失礼な名前じゃないか!!

まあ甘めの「豚汁」とも言えるけど、
そうも呼びたくないなぁ。

だって、それだと「豚汁」が中心でしょ?
逆に豚汁のことを「甘くないイナムルチ」と、
呼んでやりたいんだぜ!

豚汁ファンのほうでも、一緒にしないでくれっ!!
なんて思っていたりしてね。はは。

さて、沖縄では、行事料理の汁物として、
中身汁」か「いなむどぅち」が出されることが
多いんだけど、どちらも作るのに時間と手間がかかる。

だから、客のふるまい料理として「いなむるち」を出せば、
あなたのカブがあがることは、間違いないだろう。

イナムルチ用のみそ」なんてのも、
普通にスーパーで売られているから、
味付けに関しては、それほど心配をしなくてもいい。

いなむどぅちを作るにあたって、気を付けたいポイントは、
材料を切り揃えるということと、ダシをしっかりと取るということ。


スポンサードリンク
[ad#co-1]

「いなむどぅち」作り方

いなむどぅち

料理材料

  • 豚肉(Bロース)
  • カステラかまぼこ
  • 干しシイタケ
  • コンニャク(いなむどぅち用も販売されています。)
  • 厚揚げ
  • 白みそ(いなむるちみそ)

 

 
※沖縄では、肉の部位にAロース、Bロースというのがあるんだけど、
AとかBとかは、お肉の等級を表しているわけではありません。
モモに近いほうのロース部位をAロース、
肩に近いリブロースをBロースと呼びます。
 

 
豚肉をかたまりのまま、お湯でゆでます。
(Bロースと書きましたが、三枚肉でも。)

一度茹でこぼして、再び弱火で30分ほど茹でます。
その時の茹で汁も使うので、捨てないで。

肉を取り出した茹で汁を沸騰させ、カツオ節を入れて、
豚+カツオのダシを取っておいてください。

(もちろん、カツオ出汁を別に取ってもいいですよ)

干しシイタケの戻し汁も使いましょう。

豚肉が茹で上がったら、材料を同じ大きさに切り揃えます。
1センチ幅の長さ5センチ、厚さ2ミリくらいの短冊切りに。

コンニャクは、沖縄ではイナムルチ用に
カットされたやつが売られています。

沖縄には、「カステラかまぼこ」ってかまぼこがあるんだけど、
料理に使われるのは、このカステラかまぼこが多いです。

卵をたっぷり使って蒸した、カマボコ板のない、
巨大なカマボコです。(普通のかまぼこの約6倍程度)

大きさを切り揃えることの多い、沖縄の行事料理には、
この大きなカマボコがちょうどいいのです。

本土にも、カステラかまぼこってあるけど、
それともまた違うんだよな。本土のカステラかまぼこ
の方が黄色いから、卵もたくさん使っているはず。

中身汁や、どぅるわかしーなんかに使われるかまぼこも、
このカステラかまぼこです。

人によっては、仕上がる前にカステラかまぼこを、
加えたりするけれど、カステラかまぼこからも、
美味しいダシが出るので、ことこと煮込んだ方が、
私は好きだなぁ。

かまぼこは、煮るとふっくらと膨らむので、
他の材料よりも、気持ち小さめに切る感じがいいかも。

全ての材料を加え、沸騰させ、アクをとりながら
弱火で20分ほど煮たら、味噌を加えて、さらに
20分ほど弱火で煮込んで、完成です!!

ダシをたっぷりと使う沖縄人

豚+カツオ+シイタケの合わせ出汁は、
うまみが10倍以上になるということを、
何かで読んだことがあります。

(昆布+かつお+しいたけなら30倍とも!)

沖縄では、割とこのパターンの合わせだしを、
使うことが多いんですが、いなむどぅちだけに
限らず、汁はやはり出汁が命ですよね。

沖縄は、カツオ節(全国平均の7倍以上)も昆布も県民一人当たりの
消費量が全国でナンバーワンだと言われています。

(昆布は沖縄では取れないんですけどね。)

で、生のキノコは、沖縄は全国最下位の消費量なんですが、
干しシイタケに限っては、全国上位の消費量。

つまり、沖縄の料理には、それだけ
ダシをたっぷりと使ってるわけなんです。

なのに、さらにダシの素加えたりするからね。

沖縄の風味調味料の消費量は一位っていうしさ。
意味わからんね。どんだけ、旨味好きなんだよ!!
って感じだ。ただ、意外にも、
塩や砂糖なんかは消費量は少ないんだよ。

つまり、沖縄はダシを利かす食文化なんだな。


スポンサードリンク
[ad#co-1]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. イラブチャー…初めて耳にする人にとっては、それが、何を意味するのか、…
  2. 沖縄の方言「ウチナーグチ」を、楽しく学習しよう!…ということで、今回は今大人気の沖縄のお笑い…
  3. 沖縄でのドライブは、海の見えるきれいな風景を楽しめることも醍醐味のひとつですよね。県外からの観光であ…
  4. モノレールを安里駅で降りたところで、ヤギ汁の匂いがした。安里駅近くには山羊汁屋が3件ある…
  5. 島唐辛子を、泡盛につけた「コーレーグース」。名前の由来が、色々ある。高麗の草⇒コ…
ページ上部へ戻る